葬儀や通夜の際の服装について

お通夜や葬儀は、亡くなった人との別れや遺族に対して追悼の意を表す大切な場です。亡くなった方への様々な思いを抱いて、多くの人が訪れる場であり、またかけがえのない身内を亡くして悲しみの淵にいる遺族の前なので、常識を欠いた振る舞いは決してないように細心の注意が必要となります。服装や持ち物などの身だしなみや御挨拶や焼香などの振る舞いも失礼のない様にきちんと身につけておきたい事でもあります。

葬儀の際には男性は礼服、女性は喪服、学生なら制服と特に迷う事はないでしょう。ですが、お通夜は少々話が違います。お通夜というのは、亡くなった方の第一報を聞いて駆けつけるという意味合いがあります。準備をする間もそうそうありませんので、その時になって慌ててしまう事もあるでしょう。昔ながらの解釈では、お通夜の時には黒やグレーなどの色調の平服で訪れ焼香をするというのが一般的でした。喪服でいくのはあたかも準備をしていたかのようで失礼であるという考え方です。ところが、近年ではその解釈も変化しているようです。このため、お通夜であっても参列者は礼服と喪服ばかりといったケースもよく見受けられます。周囲に確認できる知り合いがいる場合には、お通夜に関しては服装のことを一言相談しておくとよいかもしれません。靴やかばんなどにかんしては、華美なものや金属の金具が大きいものは避けましょう。アクセサリーも最小限にし、毛皮などの素材を使うのはNGです。